投資マンションの売却で失敗しないために…買取業者選びをナビゲート

投資マンション売却ゼミ~一棟マンション&区分マンションを売却する前に読むサイト~
投資マンション売却におすすめの優良業者リスト
TOP » どんな費用がかかる?マンション売却にまつわるお金のはなし » 仲介手数料

仲介手数料

このページでは、マンション売却の仲介手数料についてまとめています。

マンション売却の仲介手数料

売主はマンションを売却することで、まとまった金額を手にすることができます。
それを次なる投資にも充てられるわけですが、売却にあたって必要となる費用にも留意しておかなくてはなりません。
その代表例が、仲介手数料です。

【仲介手数料とは】

マンションを売却する際は、不動産会社と契約を結ぶのが一般的です。
売却を決めたマンションの購入者を募る、購入者が決まった時点で締結する媒介契約をサポートする…、これら不動産会社の仕事に対し、売主は仲介手数料という報酬を支払います。

「一体どのぐらいの仲介手数料を取られるのだろう?」と不安に思う人もいるでしょう。
しかし、法律で上限額が決められているので、安心です。

【仲介手数料の計算法】

売買価格の3.15%+63,000

例えば2,000万円で売れたマンションの仲介手数料は693,000円、5,000万円で売れたマンションの仲介手数料は1638,000円ということになります。
不動産会社は、それ以上の金額を請求することはできません。

仲介手数料について情報あれこれ

「仲介手数料についてもう少し深く知りたい」という人のために、よくある疑問への回答を以下にまとめてみました。

仲介手数料は値引きできるの?

できます。上記の計算法はあくまで「上限」のため、不動産会社を相手に値引き交渉をすることも可能です。
また人気の高い物件の場合、不動産会社自らがディスカウント提案してくることも。
とは言え、必要以上に安い金額を提示してくる不動産会社は、販促活動を手抜きするなどの心配があるため、あまりケチケチしない方が無難です。

仲介手数料は成果報酬なの?

そうです。一般媒介契約の場合、複数の不動産会社と契約を結びますが、仲介手数料を請求できるのは、購入者を発見し、売買の成約を勝ち得た不動産会社だけです。
他の不動産会社に仲介手数料を支払う義務はありません。

仲介手数料以外の経費を請求されることはある?

ありません。不動産会社は購入者を探すために販促活動を行いますが、その際にかかった経費はすべて仲介手数料で清算しなければならない、という原則があります。
ただし、売主の希望で遠方の不動産会社と契約を結んだ場合、出張費などを別途請求されることはあります。

仲介手数料はいつ支払うの?

購入者との間で物件契約を結ぶ際、不動産会社の担当者も同席します。
その際に全額または半額を支払うケースや、引き渡しの際に残額または全額を払うケースなど、不動産会社との話し合いで支払時期を決定します。
いずれにせよ、契約時と引き渡し時が支払いのタイミングとなるでしょう。

自分自身で購入者を見つけた場合はどうなる?

一般媒介契約の場合は、仲介手数料を捻出する必要がなくなります。
しかし専任媒介契約の中でも「専属専任媒介契約」の場合は、自分自身で購入者を見つけたとしても、不動産会社に仲介手数料を支払う義務が生じます。

投資マンション売却におすすめの優良業者リスト