投資マンションの売却で失敗しないために…買取業者選びをナビゲート

投資マンション売却ゼミ~一棟マンション&区分マンションを売却する前に読むサイト~
投資マンション売却におすすめの優良業者リスト
TOP » マンション売却の方法・流れ » ⑤引き渡し

⑤引き渡し

このページでは、マンション売却における引き渡し時のあれこれについて掲載しています。

引き渡し時|マンション売却の知識

売買契約が締結されたら、売主は指定の期日までに、買い主へマンションを引き渡すことになります。
以下の事柄が必要となってくるでしょう。

代金の受け取り

売主は契約時に、買い主から手付金を受け取っていますが、引き渡しは残金をすべて受け取った時点で行います。
つまり買い主は、引き渡し日までに清算のスケジュールを立てておく必要があります。

現金による一括払いでない限りは、ローン会社から残金を受け取ることになるでしょう。

所有権移転登記

売主は残金を受け取るタイミングで、その領収書とともに所有権移転登記に必要な書類を譲り渡します。
これらの書類の準備は、なるべく早い段階で司法書士に依頼しておきます。

なお移転登記も同様に、司法書士に依頼することとなります。

抵当権の抹消

売却するマンションに抵当権が設定されている場合は、ローンの全額返済と抵当権抹消準備を進めておきます。

売主が抱えている残ローンは、売却額の残金受け取りで清算するのが一般的ですので、引き渡しのスケジュールも含め、充分に調整しておいてください。

公租公課の精算

不動産に付随する固定資産税と都市計画税、管理費については、引き渡し前日までが売主負担、引き渡し日以降を買い主の負担となります。
日割り精算が適用されることも多いので、事前に話し合いを進めておきましょう。

その他の引き渡し準備

売主がマンションに居住している場合は、引き渡し日までに引っ越しを完了しておく必要があります。
基本的には現状での引き渡しとなりますが、大きな欠陥がないかどうかは、売主側の瑕疵担保責任有効期間内に、買い主も詳しく調査することと思います。
事前に修理するか、買い主側にきちんと伝える必要がありますよ。

また実測図や建築関係書類、付帯設備の保証書、各室の鍵なども、引き渡し日に買い主へ渡せるよう、準備しておきましょう。

投資マンション売却におすすめの優良業者リスト