投資マンションの売却で失敗しないために…買取業者選びをナビゲート

投資マンション売却ゼミ~一棟マンション&区分マンションを売却する前に読むサイト~
投資マンション売却におすすめの優良業者リスト
TOP » マンション売却の方法・流れ » 【コラム】残積(ローン)があっても売れるの?

【コラム】残積(ローン)があっても売れるの?

このページでは「ローンの残っているマンションの売却は可能か」どうか、調べています。

ローンの残っているマンションの売却は可能か

不動産投資目的でマンションを購入する場合でも「一括払いではなくローンを組んだ」という人は多いでしょう。
そのすべてを返し終わっていない段階から、売却を検討できるのでしょうか?

結論からいうと、売却は可能です。
ただし自分のケースが以下のどれに当てはまるのかを考えながら、調整していく必要はあります。

売却金額がローン残債を上回りそうな場合

売却がスムーズに進み、その価格がローン残債を上回る場合は、買い主から支払いがあった時点で、ローンを完済します。

この際、同時に行わなければならないのが「抵当権の抹消」です。
抵当権とは、マンションのローン返済が滞った場合「マンションを、担保として抵当に入れられる」という権利で、もしもの備えともいうべきものです。
ローンを完済し、権利を抹消した時点で、はじめて買い主への引き渡しが可能になると考えて下さい。

抵当権の抹消は、自分自身で行うことも可能な手続きです。
申請先は、売却するマンションを管轄する法務局となります。

売却金額ではローンが完済できない場合

もし補填資金がある場合、売却金額に上乗せするかたちでローンを完済し、抵当権を抹消したうえで、買い主へと引き渡します。

では「ローンの残債が結構多額で、今の資金では全部補填できない」という場合、どうすれば良いのでしょうか。

不動産投資目的でマンションを買い替えする場合は、売却後に新たなマンションを購入することとなります。
その購入もローンで行うわけですが、売却マンションの残債を上乗せする「買い替えローン(住み替えローン)」を組むことも、不可能ではありません。

ただしこちらを実行しようとする場合、売却と購入をほぼ同じタイミングで進めていく必要があります。
ふたつの取引先のスケジュール調整を行っていくことは、かなり大変。
自分自身で行うことは難しく「二人三脚でサポートしてくれる不動産会社」というパートナーがいて、はじめて実現が可能となります。

いかがでしょうか?ローン残債のあるマンションを売却し、買い替えることは可能。
特に投資物件の場合は、よくあるケースともいえます。
しかし、それなりにリスクの高い行為でもあるため、慎重に検討するようにして下さいね。

投資マンション売却におすすめの優良業者リスト