投資マンションの売却で失敗しないために…買取業者選びをナビゲート

投資マンション売却ゼミ~一棟マンション&区分マンションを売却する前に読むサイト~
投資マンション売却におすすめの優良業者リスト
TOP » マンション売却の方法・流れ » ④売買契約

④売買契約

このページでは、マンション売買契約の手続きについてまとめています。

マンション売買契約の手続き

媒介契約を結んだ不動産会社の販促が実を結び、マンション購入申し込み者が登場。
価格や条件面でも折り合いが付いたら、いよいよ売買契約を結ぶこととなります。
その手続きや注意点を以下にまとめましたので、確認してください。

契約書には事前に目を通す

契約書を当日に初めて読むのは危険なので、事前に不動産会社からコピーを取り寄せます。

特にチェックしておくべきなのは、住宅ローンの条項。
購入者が即金で清算するというケースは稀で、ほとんどがローンを利用します。
この承認が設定期日までに得られないと、契約自体が無効となってしまいます(=住宅ローン特約)。

住宅ローン特約は購入者にとって有利になっており、契約が無効となると、売主は手付金を全額返済しなくてはならなくなります。
ですから事前に「買主側の過失でローン承認が得られなかった場合、住宅ローン特約は適用しない」などの条項を
契約書に記載しておく流れを作っておかなくてはなりません。

契約書のコピーが届いたら、希望がきちんと反映されているか、確認してください。

また瑕疵担保責任が引き渡しからどのぐらいまでなのかも、改めて確認しておきましょう。

契約時に必要なもの

契約当日に、売主は以下のものを持参します。

★本人確認書類(免許証、国民健康保険証など)
★印鑑(実印)
★印紙(売買契約書貼付用。売買価格が5,000万円以下の場合、印紙代は10,000円)
★領収書(購入者から支払われる手付金に対する領収書)
★仲介手数料(必ずしも現金ではなく、小切手や振り込み証明書でも可。領収書を受け取ること)

当日の流れ

契約当日には売主と買い主、そして媒介契約を結んだ不動産会社の担当者が同席します。

  1. 売買契約書の読み上げ/内容の確認
  2. 契約書に署名・押印
  3. 手付金の授受手続き
  4. 仲介手数料の支払い

これらが滞りなく進むよう、事前に不動産会社の担当者とも擦り合わせを。
また当日に忘れ物がないよう、きちんと準備しておく必要があります。

投資マンション売却におすすめの優良業者リスト