投資マンションの売却で失敗しないために…買取業者選びをナビゲート

投資マンション売却ゼミ~一棟マンション&区分マンションを売却する前に読むサイト~
投資マンション売却におすすめの優良業者リスト
TOP » マンション売却の方法・流れ » ③購入申し込み

③購入申し込み

このページでは、マンション売却に際する、購入申し込みへの対処法について調べています。

マンション売却に際する、購入申し込みへの対処法

マンション売却を決意し、複数の不動産会社に査定を依頼。
その中から媒介契約を結ぶ不動産会社を選び、晴れて販促活動がスタート…。
このような流れとなったら、あとは吉報を待つのみ!すなわち「購入の申し込み」です。

不動産会社が見込み客に対し内覧を進めた結果、申込書記入まで話が進むと、書類が転送されてきます。
中には以下のような内容が記されています。

  • 購入希望価格
  • 手付金の額
  • 住宅ローン利用の有無
  • 契約締結や物件引渡しの希望時期

中でも気になるのが、購入希望金額。
不動産会社との話し合いの末、提示した売り出し価格からの値引きを希望しているケースが、ほとんどです。
売主は「できるだけ高く売りたい」と考えて当然ですから、対応は慎重に進めたいところですね。

しかしとにかく売り出したマンションが注目を集めたのは、事実です。
「ホッとひと安心」と言いたいところですが…、以下のようなケースもあるので、まだまだ気は抜かないように。

購入申し込みがキャンセルされる

売主にとっての吉報である購入申し込み書ですが、この時点ではまだ、キャンセル可能です。
正式な売買契約を締結していませんので、キャンセルされても、違約金を請求することはできません。
「少し値段を下げて欲しかったけど、応じてくれそうにないから、購入は見合わせよう」と逃げられてしまうケースが、多々あるのです。

物件的に「まだまだ良い値で買い取ってくれる購入者が、現れそう」なら話は別ですが、そうでもないという場合は、値引き交渉に応じた方が得策かもしれません。

またこうした交渉を予測したうえで、あらかじめ売り出し価格を少し高めに設定しておくのも、ひとつの戦略です。

追加申し込みが来た!

「多少値引きせざるを得ないけど、この辺で手を打つか」と、契約を進めかけた時、より低い値引き率で購入してくれる上客が、現れることもあります。
思わず「どちらを取るべきか」と悩んでしまいますよね。

こうしたケースでは、先客へ正直に事情を話すのがベター。
「もっと高く買ってくれるという人が現れたのですが」と持ち掛け、話し合いを進めることで、当初より高い値段での売却が実現する可能性が高まります。

もちろん先客、2番手の双方がいなくなるという最悪のケースも考えられなくはないので、交渉や調査は慎重に進めるようにして下さいね。

条件の調整

購入申し込みがあった場合は、希望価格だけでなく、提示されている諸条件にも注目を。
引き渡しの希望時期が一致しないケースもありますし、買い手によっては必要とされない
「土地の実測(別途費用が必要)」を求められる場合もあります。

売却をスムーズに進められるかどうかを判断する、冷静さは失わないようにしましょう。

投資マンション売却におすすめの優良業者リスト