投資マンションの売却で失敗しないために…買取業者選びをナビゲート

投資マンション売却ゼミ~一棟マンション&区分マンションを売却する前に読むサイト~
投資マンション売却におすすめの優良業者リスト
TOP » 知っておきたいマンション高額売却のポイント » 【査定のポイント】一棟マンション編

【査定のポイント】一棟マンション編

このページでは、一棟マンションを高く売却するためのポイントについて調査しています。

一棟マンションを高く売却するためのポイント

不動産投資としてマンションの一室を購入し、経営している人は数多くいますが、中にはマンション一棟に投資し、不労収入を得ている人もいます。
順調に回れば、それだけ収入も増えますので「さらなる展開を目指し」、既存の一棟マンションを売却するということも、ありえます。
その金額は億単位となってきますから、非常に大きな取引です。
なるべく高く売却し、ネクストステップのために活かす資金とするには、どうすれば良いのでしょうか?

より良いパートナー選びがカギ

マンション売却の流れは、一室の場合でも、一棟の場合でも同じです。
まず一括査定サイトの利用や、自身の依頼で複数の不動産会社にマンションの査定を依頼し、大体の相場を知ります。

その後、本格的なパートナー(媒介契約を結ぶ不動産会社)選びに入り、契約を締結。
彼らの尽力で購入者が決まれば、見事売却が成立と言うことになります。

しかし先述の通り、一棟マンション売買は金額が大きい分、不動産会社にもある程度の専門性が求められることとなります。
契約を結ぶパートナーを選ぶ際は、以下のポイントを厳しくチェックするようにして下さい。

マンション一棟物件の取り扱い経験は豊富か

一棟マンションの場合、居住目的で売買に関わる人は、ほぼ皆無。
対して一室の場合、購入者の目的は居住にあることも…。
つまり一棟マンションと区分マンションでは、購入者層が大きく異なるのです。

「マンションの売買契約に関しては実績が豊富です」と語る不動産会社でも、一棟マンション購入の見込みがある顧客を、充分に掴んでいないようでは問題。
このような会社に、販売を任せたくはありませんよね。

契約の際は一棟物件の取り扱い実績がどのぐらいあるのか、過去数年のデータ提示を求めながら、きちんと確認して下さい。

担当者の手腕や販促活動も確認

担当者に一棟物件の取り扱い経験があるか否かも、重要なポイントです。
専門的な知識がどの程度あるかを確認すると同時に、「購入者を見つけるための独自ネットワークの有無」や、販促活動の内容についても、しっかりとした説明を求めましょう。

売却期間中に注意したいこと

一棟マンションを売却する場合「できるだけ高く」と考えるのは、人情です。
しかし購入者を納得させる条件が揃っていなければ、売れ残ってしまう可能性も…。
不動産会社と相談しながら、相場も鑑みつつ、適正価格を考えることが大切です。

また売却期間中にマンションの価値を下げないよう、以下の点に留意していく必要もあります。

■稼働率を下げない…
購入希望者に「入居希望者が絶えない、利回りの良い物件だな」と思わせることは、大切です。
現状もし空室が目立つ場合は、多少イレギュラーな契約を駆使してでも、稼働率を高めておくようにしましょう。

■美観を保つ…
室内設備やセキュリティの充実したマンションはそれだけで魅力的ですが、売却前に「一棟まるごとリフォーム」というわけにも、いきません。
ただし外壁の美観だけは、改めて整備しておきたいもの。
汚れが目立つ場合、せめて洗浄だけでも業者へ依頼するようにして下さい。
また敷地内の植栽やエントランス、そして共有部分などの美観が損なわれている場合は、全力で対処を。
管理が行き届いていないマンションは、購入者から敬遠されてしまいます。

■ER(エンジニアリングリポート)を取得する…
設計会社など、建築や設備の専門家に作成依頼する「エンジニアリングリポート(建物調査報告書)」を取得しておくことも、おすすめです。
費用は100万円程度かかりますが「今後修繕が必要となりそうな個所」まで正確に提示できるため、購入者からの信頼を勝ち得やすく、高額な売却に貢献してくれます。

投資マンション売却におすすめの優良業者リスト