投資マンションの売却で失敗しないために…買取業者選びをナビゲート

投資マンション売却ゼミ~一棟マンション&区分マンションを売却する前に読むサイト~
投資マンション売却におすすめの優良業者リスト
TOP » 知っておきたい投資マンション売買の契約&仕組み » 専任媒介契約

専任媒介契約

このページでは、マンション売却の際、不動産会社と結ぶ契約について調べています。
専任媒介契約の場合のメリット・デメリットは?

専任媒介契約のメリット・デメリット【マンション売却】

投資マンションを売却する際は、不動産会社の販売網を頼ります。
まず「どのくらいの値段か」を査定してもらったうえで、購入希望者を募り、現れた場合には手続きをサポートしてもらうのです。

契約を結ぶと、不動産会社は宣伝広告や顧客への内覧など、販促活動を実施してくれます。
購入者が見つかり、売買が決定した時点で、売主は不動産会社へ手数料を支払います。
契約期間は一般的に3ヶ月間とされており、必要があれば延長も可能です。

以上が媒介契約の概要ですが、いくつかの種類があります。

【専任媒介契約とは】

媒介契約を結ぶ不動産会社を一社に絞って、依頼する方法
(複数社に依頼する方法は、一般媒介契約と呼ばれる)。

この契約形態には、さらに「専任媒介契約」と「専属専任媒介契約」の2種類があります。
具体的な違いは「売主が自分で購入者を見つけても良いか否か」という点。
専任媒介契約の場合は可で、専属専任媒介契約の場合は不可です。

例えば売主が自分で購入者を見つけた場合、専任媒介契約なら不動産会社を通す必要はなく、売買契約時に手数料を払う必要もありません。

以下にそのメリット・デメリットを見ていきましょう。

メリット

★不動産会社は、マンション情報を一社独占できるため、その分広告費をかけ、宣伝活動も熱心に行う。
★週に1回程度、活動状況を報告する義務がある。

専任媒介契約は、不動産会社にとって「競合のない状態」です。
購入者の獲得はそのまま自社の利益にもつながるため、本腰を入れて販促活動を展開してくれるでしょう。

また「今週はこのような活動を実施し、何人から問い合わせがあった」などの状況も逐一確認できるため、マンションの市場価値や売買の進行状況も把握しやすくなっています。

デメリット

★不動産会社に取引をコントロールされやすい。
★契約は途中破棄できない。

不動産会社にとって専任媒介契約は、一般媒介契約よりずっと条件の良い契約形態です。
そのため、「契約前に高額な査定額を提示してその気にさせ、実際の販促活動前に値下げ提案する」などの
駆け引きを行うことも、多くなっています。

「この会社にしなければ良かった」と後悔しても、後の祭り。
専任媒介契約は3ヶ月の間、途中破棄できません(破棄した場合、その間の経費や違約金を請求される)。

いかがでしょうか?専任媒介契約では「不動産会社を一社に絞らなくてはいけない」のですから、自身のマンション売却のパートナーとして信頼に値する会社なのか、事前に充分情報を調べておく必要がありそうです。

投資マンション売却におすすめの優良業者リスト