投資マンションの売却で失敗しないために…買取業者選びをナビゲート

投資マンション売却ゼミ~一棟マンション&区分マンションを売却する前に読むサイト~
投資マンション売却におすすめの優良業者リスト
TOP » 知っておきたい投資マンション売買の契約&仕組み

知っておきたい投資マンション売買の契約&仕組み

このカテゴリでは、マンション売買にあたり不動産業者と締結する契約について、情報を特集しています。

不動産投資目的でマンションを購入し、安定経営が実現すると、さらなるステージを目指したくなるもの。
より良い条件を持つ物件の買い替えを検討するタイミングです。
そうなると、いま経営しているマンションを売却する必要が生じてきます。

しかし個人でマンション経営を行う人のほとんどは、不動産関係の業界人ではありません。
そのため投資マンションを売却する際は、不動産会社の手を借りることとなります。

「一体どのくらいの値が付くのか」査定してもらうのを皮切りに契約を交わし、ゆくゆくは売主と未来の購入希望者との間に立ち、手続きをサポートしてもらうことになるのです。

本カテゴリには、以下のページを設けました。

マンションの売却契約方法その1 一般媒介契約
マンションの売主と不動産会社の間に結ばれる、最もポピュラーな契約がこちら。
複数の不動産会社の力を借りることで、より多くの人の目に物件情報を触れさせます。
そのメリット・デメリットを紹介していきます。

マンションの売却契約方法その2 専任媒介契約
「ここぞ」という不動産会社とめぐり合えた場合には、この契約法もおすすめ。
専任を依頼するので、不動産会社の販促活動にも気合が入るでしょう。
しかし、デメリットがないわけではありませんので、知識を深めておきましょう。

マンションの売却契約方法その3 直接買取
「いまあるマンションの売却を、とにかく早く進めたい!」という人におすすめなのが、この方法です。
意外にも数多くあるメリットと、唯一にして最大のデメリットを紹介しますので、注目してください。

マンション売買の落とし穴?…囲い込み取引に注意!
専任媒介契約を結んだ不動産会社が、早期の売買契約成立実現を邪魔するケースがあるって、ホント?
いったいどんな理由からそのような不条理が生まれるのか、その手口はどのようなものなのかを調べ、紹介しています。

ぜひ各ページの内容をチェックしてください。
そして、不動産会社と良好な媒介契約を結ぶために、お役立てくださいね。

投資マンション売却におすすめの優良業者リスト